読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

遊行

鎌田實氏の「遊行を生きる」という本が出ました。

70歳を前に、自分の生き方に対して、はたして本当に自分自身を生きているのか、

死ぬ時に後悔するのではないか、壁にぶち当たり、悩んだそうです。

 

私も、何で生まれてきたのか?生きるという意味は?人生とは?

疑問だらけで、その探求で密教の修行までしたくらいです。

そして、常に心の根底にその疑問はあり続けています。

 

私の好きな作家の五木寛之氏も、自分で心の探究をして、それを書いています。

五木寛之氏は、人生にはたして目的はあるのか?と疑問を投げかけてきます。

苦しくても辛くても、耐えて生きていくことこそが人生の目的なのでは。

生きていなければ、何も起こらないし、何も変わらない。と。

 

鎌田實氏は、五木寛之氏の自分自身の内に向かうのとは反対に、

外に出ていこうと。どうせいつかは死ぬのだから、野垂れ死んでもいいくらい

自由に、はじけて生きていこう。やりたいことをやれば、面白いことができ、

結果社会の役にたつのではないか。と。

 

タイ仏教スマナサーラ長老は、また違った角度から話されます。

私達は、その心のゆえに、常に考え疑問に思ったりしていますが、

けっこうそれは妄想だと。本当にこころは厄介で、お釈迦様も9割は

こころについて話されたと。

 

自分自身のこころは騙せませんので、

少しでもこころが成長するよう、

長期の忍耐を養いながらいこうと思っています。

 

遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉

遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉

 

 

林住期 (幻冬舎文庫)

林住期 (幻冬舎文庫)

 

 

 

みよしの森の音楽会

毎回楽しみにしている、町工場での音楽会が、初めて新年に開かれました。

f:id:salonsopia18:20170109111035j:plain

社員やその家族、近隣の人まで招いてくれ、いつも大盛況です。

 

そして、かなり本格的なレベルの高い音楽会です。

f:id:salonsopia18:20170109111335j:plain

新年にちなんで、ワルツ演奏の為、コントラバスが入り、クインテットになります。

ズン、チャッ、チャッのズンの担当がコントラバスです。

 

f:id:salonsopia18:20170109111831j:plain

サックスは、孤独のグルメの主題曲を作曲しているフクムラサトシさんです。

写真はアルトサックスです。

 

マリンバは、マリンバの国際大会で2位に輝いた宮野下シリュウさん。

蜂の羽音を、物凄いスピードで演奏して、聞かせてくれました。

 

他にも、オペラあり詩吟ありの贅沢なコンサートでした。

 

2部は、鏡割りと餅つきです。

f:id:salonsopia18:20170109112740j:plain

枡でお酒をいただきながら、つきたてお餅をほおばりました。

 

そして、待ってました!立食ビッフェです。

つきたてお餅の入った芋汁や豚汁。お赤飯、サンドイッチ、煮物や焼き鳥

エビチリ、春巻、焼売、ケーキ、フルーツと和洋中のご馳走です。

 

心もお腹も一杯で、

60代楽しくいこう!

とお一人様仲間と帰路につきました。

海賊と呼ばれた男

百田尚樹の、本屋大賞を受賞し、420万部以上の大ベストセラーとなっている、

歴史経済小説「海賊と呼ばれた男」が映画公開されました。

原作を読んで、もの凄く感動し、ガソリンの給油は、純国産石油会社の出光にし

株式まで応援買いをしたくらいです。

 

映画の公開を楽しみにしていました。

まして、国岡鐵造役の主演俳優は岡田准一!(岡田准一のファンです)

映画もテレビも気に入った俳優さんでないとまず見ません。

お正月のお疲れ休みに(リュウマチでできなかった2年分の大掃除で,

腕を使いすぎて背中を痛めてしまいました)

1人でゆっくりと観に行きました。

 

f:id:salonsopia18:20170105172040p:plain

 

日本映画にしては、長時間ですが、いかんせん原作が上下刊で

内容が密なものですから、かなりカットされた感じはあります。

なぜ海賊と呼ばれたかに、映画では拘っていましたが、

私的には、拘るところではなく読んでいました。

 

岡田准一が、期待通りに、国岡鐵造なる人物像を、見事に熱演してくれました。

スケールの大きな胆力のある、そして人間味溢れ暖かい、、、

石油は、国の血液だから、滞らせてはいけず常に循環させなければ、国(身体)が

駄目になってしまうという信念のもと、石統(権力)との戦い、アメリカの石油会社

との戦い、常識ではかなわない相手に挑んでいく並外れた精神力、それを支える

社員達。熱い思いで不可能と思われることを可能にしていく。

そんな熱い思いのおかげで、今日の私達の贅沢な生活があるのだと、

感動、感謝を呼び起こしてくれました。

俳優も、自分自身の人間性を高めていかないと、深みのある演技は難しいので

大変なことだな、、などと勝手に思いながら観ていました。

今年の初感動です。

 

 

 

新年明けましておめでとうございます

2017年、穏やかな暖かい元旦で始まりました。

 

2016年は、いきなり株の暴落からはじまり、株価低迷の年の感じでしたが、

トランプ氏が大統領選に勝利するや、大半の予想に反し株は上がり、

年末には、前年を上回る結果に終わりました。

風水でいう「火」の年の、これまで抑圧されてきたエネルギーが様々な形で噴出すると

という、まさにその象徴がトランプ氏の勝利でした。

 

2017年は「風」の年です。

風には、追い風と向かい風の2種類ありますが、2017年は向かい風の年です。

逆風にに立ち向かわなくてはならない年になることを覚悟しなくてはなりません。

向かい風が吹く中でも、揺らぐことなく成長を続けること。

常に忍耐を試されるのだと思っています。

 

1 自分の軸を確立する。常に自分自身で考え行動する。お一人様はそうしてるはず。

2 仲間を作る。お一人様仲間の繋がりは強固です。

3 自ら情報を発信していく。嘘の情報に振り回されず、自分から正しい情報を発信し

  ていく。

 

風の年は、なりゆきに任せていると、悪い方向に流されかねませんので、

常に自分で見極め、自分の人生は自分が作るという意志を持つことが、

逆風の年を生き抜く力になります。

 

今年も、逞しく楽しく生き抜いていきましょう!

 

リウマチ8

今年最後のリウマチの検診が終わりました。

年末なので、病院は大変な混雑でした。

 

診察室の前で待っていると、必ずと言っていいほど、話し掛けられます。

「こちらにいらっしゃるのですから、リュウマチですか?」「はい」

「ずいぶんとお元気そうですね」

他の病院から転院されてくる方も多く、色々と情報がほしいのだと思います。

 

私の方は、話しかけてきた人達の話しから、結構自分は重症だったのだ!

最初から良い病院で良いリウマチの専門医が主治医になり、治療をしてくれたので、

はた目にもお元気そうと見えるほど、回復したのだ!とありがたく思いました。

 

確かに、一般的データによると

1 抗CCP抗体の数値が高いほど病気の勢いが強い

 2    抗CCP抗体の数値が100以上だと、80%以上でMTXだけでなく、

  生物製剤が必要

 3  抗CCP抗体の数値が100以下だと、MTXだけで寛解できるのは30~40%

MTXの説明書にも、7割の人に効いて、そのうち2割の人は寛解までいくとあります

 

抗CCP抗体は558もあったので、指の第二関節が腫れるリウマチの初期症状を

はるかに飛び越し、いきなり、洋式トイレですら立ち上がれない、掛け布団を寝ていて

持ち上げられない、寝返りができない、バックも持てない、玄関の鍵を回すのが痛くて

ダメ、車のドアを重くて開けられない、字が書けない(ペンが握れない)箸が持てない、

ほとんどの日常生活に支障が出て、ちょっと外出すると踵が痛くて、翌日はソファーで

横になっている、、、痛み止めは6時間おきに飲んでいても痛い、湿布薬は気休め、

去年の今頃は、こんな状態でした。

 

生物製剤も使わずにMTXだけでした。となると80%以上が使うので、20%以下に

入ったわけです。そしてMTXが効く7割に入ったわけです。MTXは結局体重相当量

の12mgまで飲めなかったにもかかわらずです。

そして2割の寛解に入ったわけですから、ラッキーとしか言えないです。

 

ついに還暦を迎えた時、正直ガッカリ、おばあさんになってしまった!と落ち込んでい

たら、娘に「無事、元気で還暦を迎えられてよかったね」と言われ、

還暦を迎えられない人もいるし、病気で還暦を迎える人もいるのだから、

感謝だな~としみじみ思いました。

そして、娘の言葉に勇気づけられ、60代は元気で過ごせる気になってきました。

 

今回の検査結果は白血球がLでしたが、他は全て正常値でしたので、

白血球が下がることはたまにあることで、他が問題ないので大丈夫とのことでした。

体調がいいので、忘年会、クリスマス会等が続き忙しく、調子に乗っていたので、

夜は早く寝たり、疲れをためないようにしなくてはと、反省しました。

 

リュウマチと共にあるのですから、リュウマチと対話しながら、

来年も元気に過ごしていけるように、、、

 

よいお年をお迎えください!

イケア

初めて、イケアに行きました。

前々から、人気のイケアに1度は行ってみたいと思っていたのが、

やっと実現しました。

f:id:salonsopia18:20161211235318j:plain

クリスマスバージョンでコーディネイトされています。

f:id:salonsopia18:20161211235435j:plain

スエーデンの世界最大の家具量販店だけあって、

デザインの良い家具がオシャレにコーディネイトされて

見るだけでも楽しめます。

子供部屋などは、夢があって、子供達が嬉しそうに走り回っていました。

そして、お値段をみると、びっくりするほどの低価格。

これでは、人気のわけです。店内はもの凄い人でした。

f:id:salonsopia18:20161212000430j:plain

こちらはレストラン。

ソフトクリーム50円、ホットドック100円、ドリンバー70円、カレー350円

といった具合にこちらもびっくりする低価格。

駐車場も無料なので、家族連れで1日ゆっくりと楽しめます。

 

イケアのあとは、ザラホームに。

f:id:salonsopia18:20161212000841j:plain

子供用品です。とても可愛いです。

f:id:salonsopia18:20161212000927j:plain

ザラホームは、スペインのアパレルメーカーが手掛ける

ハイセンスなインテリアショップです。

 

イケヤもザラホームも、群を抜いてオシャレでステキでした。

入った瞬間、わあ~と思わせ、ときめかせるものがあります。

風水にも通じるものです。

環境が人を作るという風水の考え、住まいは、一心同体に人生を歩んで

いるのですから、良い環境で暮らしたいです。

とても刺激になった1日でした。

 

 

 

ピロリ菌

60歳という節目になると、

区役所の方から色々と健康診断の受診票が送られてきます。

 

骨粗鬆症の検査は、116%と意外と高くクリアしました。

リュウマチがあると、骨量が低くなると言われていましたので、

注意していたのが良かったようです。

婦人科系もクリア。

初めてピロリ菌検査がありました。

血液検査でわかるそうです。

 

結果、ヘリコバクターピロリ菌いました。

1種類ということで、B判定。

2種類いると判定がCやDになり胃がんのリスクも高くなるようです。

とは言え、B判定でも内視鏡検査をするように!と言われました。

 

ガーン~ ショック!

胃カメラなんて一生やらないで済ませようと思っていたのに。

周りの友達にも色々聞きまわって情報収集。

大体私達世代は、70%以上がピロリ菌があるそうです。

井戸水とか飲んだ世代。山でも川の水とか飲んだし。

友達は、お水取りするんだから当然あるわよと!

お医者さんは、先進国でピロリ菌除去してないのは日本くらいと。

1週間抗生物質服用でだいたいが除去できるそうです。

 

問題は胃カメラの方!

大変だった!吞めなかった!の声ばかり。

大きな病院は、3年目くらいのドクターがするので、専門の慣れたクリニックの方が

いいとの事。かかりつけの先生は胃腸専門なので、そちらに決めました。

 思い切って予約をしたところ、1か月先がやっととれました。

3択(鼻から、喉から、喉+鎮静剤)と言われ、1番楽なのでお願いします。と

返答したところ、1番多いのが喉+鎮静剤とのことでしたので、そちらにしました。

 

当日緊張してクリニックへ。

事前に血液検査を済ませてあり、そちらは問題なし。

腹部エコーも問題なし。

いよいよ内視鏡です。

生理食塩水の点滴をして、ちっともウトウトしないので、どの位で効いてくるのですか

と聞いたら、これは単に生理食塩水ですから眠くなりませんよ!後でドクターが鎮静剤を点滴に入れます。と。

喉の麻酔は、ゼリーのようなものを口に含んで3分たったら飲み込んでください。と

言われそれを2回ほど。あとは喉にスプレー式の麻酔で完了。

先生が来て、今年はマイコプラズマが流行っている。と聞いたところまで、、

はい、終わりましたから、起きてください!

 

リュウマチでも医療の進歩に感謝していますが、

内視鏡も進歩してるんだと感心しました。今の時代で本当に良かったです。

ピロリ菌がいると胃炎はあるそうです。

写真を見せてもらい、胃炎の所を教えてもらいました。

あと2週間後に結果を聞きに行き、ピロリ菌を除去する流れだそうです。