読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

ヴェネチア イタリアオペラ旅行記3

魅惑のトリエステから水の都ヴェネチアへ移動。

カナル・グランデ(大運河)を水上タクシーヴェネチア本島に向かいます。

f:id:salonsopia18:20160710104047j:plain

f:id:salonsopia18:20160710104457j:plain

アドリア海クルーズを楽しむ豪華客船が何隻もヴェネチアに寄港しています。

 

ヴェネチアはラグーナ(潟)の上に、大量の丸太の杭を打ち込んだ土台の上に建てられた

水上都市です。

運河が縦横に走り、車は入れませんので、ゴンドラや徒歩で巡ることになります。

 

f:id:salonsopia18:20160710110523j:plain

有名な「ため息の橋」

囚人が橋の窓から最後のヴェネチアの景色をみてため息をついたというのが名前の由来

だそうですが、恋人が橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束

されるという、ロマンチックな言い伝えもあるそうです。

f:id:salonsopia18:20160710110924j:plain

世界一美しいと言われるサンマルコ広場

人が多過ぎて、美しいとは感じませんでしたが、、、

f:id:salonsopia18:20160710115931j:plain

ドッカーレ宮殿

宮殿の上に見える輝く羽を持ったライオンがヴェネチア守護聖人サン・マルコ

のシンボルだそうです。

モザイク画でも有名です。

f:id:salonsopia18:20160710120930j:plain

ヴェネチアングラスの実演

ヴェニスの商人で知られるように、非常に商売が上手で、

ヴェネチアには世界中の富が集まって来ているいるのが納得できます。

 

ディナーは、イカスミのパスタと魚介のフライと美味しいワイン。

口中真っ黒にして名物料理をいただきました。