読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

ブレない長期投資家澤上篤人氏との出会い

長期投資 本棚

さあ、1年間の忍耐と努力の結晶である100万円をどこに投資するか

さんざんインターネットでコラム等読んで、この人だと直観で決めたのが

澤上篤人氏です。

澤上さんの本や文章を読むと、心が元気になる!キラッと光るものを感じたからです。

 

行動が先の私は、まず申込書を取り寄せ、毎月3万円づつ積立投資をすることに決めま

した。このドルコスト平均法を用いた投資信託の複利での積立を初めて日本で開始した

のも澤上さんです。

そして、大切な100万円を、一括で入れるスポットというので、さわかみ投信に預けま

した。

投資信託に預けること自体、初めての経験です。今から思うと、どのタイミングで

スポットで買い付けるかなんて、全く知らず、闇雲にです。

 

次の行動は、澤上篤人氏本人に会うこと。

タイミングよく、丸の内の丸善で、澤上さんの「澤上篤人さんに本気でぶつけた

質問状」という新刊本の講演会+サイン会があるというので、早速、申込ました。

講演前に、丸善の店内を歩いている澤上さんを偶然に見つけ、声を掛けました。

おばさんは、心臓が強いです!とても気さくな方で、選んだ目に狂いはないです。

著書にサインをして下さった時、「さわかみ投信の本社で、毎週金曜日に勉強会を

しているから、来るといいよ!」と気軽く誘ってくださいました。

 

早速、友達を誘い、さわかみ投信の勉強会に出席。

初めて、詳しく投資信託の仕組み等を知りました。

澤上さんに決めたのは自分です。減っても自己責任です。

母が「儲けようと思う気持ちがあると、判断を誤る。儲けとか抜きで判断すること」

といった言葉を肝に銘じています。

 

その後、100万は、あっという間に20万減り80万に(20%の下落)、、、

ところが、今度はあっという間に増えて、、、

「20万も減ったのを乗り越えたから、大丈夫ですよ!」と社長に言われました。

本格的な長期投資に乗り出した初期の頃のお話です。

 

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが日本一ブレない長期投資家澤上篤人さんに本気でぶつけた質問状128

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが日本一ブレない長期投資家澤上篤人さんに本気でぶつけた質問状128

 

 最初にサインをもらった記念本です。