読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

長期投資

長期投資 本棚

「下流老人」や「老後破産」という言葉が流行り、老後に不安をいだく人も

増えたのではないでしょうか。不安より、今から自覚して老後に向けて

準備することこそが大切かと思います。

まして、おひとりさま、それも女性のおひとりさま(独身でも、離婚でも、死別でも)

の方が、年金も少なく、生活にかかるコストは大差なく、厳しいかもしれません。

そして、女性の平均寿命を考えると、いずれは、ほとんどの女性は、

おひとりさまになるのではないでしょうか。

 

ひとつ、私が楽観的に思えるのは、70代後半のおひとりさまの友人が

自分の年だと老後資金として必要なのは、半分でいいのね。と言ったからです。

たぶん、60の時点で金融資産5千万円しっかり持っていたわけではないと思います。

国は破たんしても、人々の生活は続くように、おひとりさまの生活も続く

生きていけると確信しています。

 

ただ、お金は、誰もくれないし、天からも降ってこない!これも肝に銘じています。

金銭的自立は、不可欠です。

 

52歳貯める決心

娘には今頃気づいたの(笑い)と、あきれられましたが、意識が変わったのは

本当に52歳だったのだから、しかたないですね。

 

澤上篤人氏の、女性向きに書かれた「今から長期投資を始めて2億円にしよう!」

の中で、1か月でいいから13万円で生活してみる。無駄がわかるし、本当に自分に

とって必要なものを見極められる。必要と思うものは翌月戻す。

すぐ行動するタイプなので、実行してみました。

出来るんですね!13万で生活!

実行したことで、なによりも自信がつきました。

そうすると、そんなに貯めなくても、なんとかなるさ!と楽観的になります。

 

若い人達は、早期リタイアーだとか、インデックス投資でいくら築くとか

そんなブログが山と出回っています。人気ブロガーになったり、インターネットを

活用して儲けるetc

お金はシビアです。

お金は、忍耐力を育ててくれます。

お金には、雪だるまの芯を作る時期が必ずあります。それは通る道かと。

長期積立投資も、マイナスになっても耐える気概が必要です。