読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

バチカン イタリアオペラ旅行記6

カトリックの総本山であるバチカン市国に、来たものの入るのに、

あまりに長蛇の列で(たぶん4時間待ち)去年はあきらめたので、

今年こそはと思っていたら、専用入り口があり、そこからあっさり入場できました。

ガイドさん曰く、お金を払えば大丈夫とのこと。地獄の沙汰も金次第のようです。

 

f:id:salonsopia18:20160810200225j:plain

バチカン美術館

天井の絵画が素晴らしいです。どこも圧倒されます。延々と続きます。

天井画は、寝て描いたそうです。

 

システィーナ礼拝堂は撮影禁止です。

身動き出来ない人で、酸素不足状態。ここにたどり着くまでに、相当歩いてクタクタ!

バチカン市国は、国ごと世界遺産ですから、その芸術的価値は計り知れないものでしょ

う。神の圧倒的な存在を感じます。

 

f:id:salonsopia18:20160810200927j:plain

世界1のスケールを誇るサン・ピエトロ大聖堂

宗教の力は、ただただ凄い!のひと言です。

 

ひと休みしてから、パウロ6世テラスでディナーです。

f:id:salonsopia18:20160810202513j:plain

むこうに見えるのがバチカンです。

f:id:salonsopia18:20160810202616j:plain

パウロ6世の側近のドイツ人の方が、アレンジしてくださいました。

女性は、バチカンの経理を担当している国際弁護士さん。

バチカン大使も同席。

バチカンの中で、コンサートも開けるそうで、音楽や芸術を通して

世界が平和に繋がりたいと話していらっしゃいました。

日本人は真面目なので、日本と一緒にそういった仕事ができるのは

嬉しいとおっしゃっていました。