お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

嚙み合わせ

嚙み合わせは、悩みの1つです。

すぐ嚙み合わせがズレたな、と感じると同時に体調が崩れるからです。

 

歯にかぶせモノが多くしてあり、そのせいと思っていましたが、

虫歯もなく綺麗に揃っている娘も、よく寝違えて首が回らなくなったり

するので、どうもかぶせモノのせいだけではないようです。

 

そもそもそ、リュウマチと歯は、関係がある。と確信していますので、

その関連の本は色々読んでいますし、

歯科治療にも多大のお金をかけています。

 

最初リュウマチを発症した時、どうしても曲がらない指が

歯の治療をした後に曲がったのは、今も鮮明に記憶に残っています。

ただ、保険診療はしない歯医者さんでしたので、

初診料7万円は、かなり敷居が高かったです。

それでも、リュウマチが寛解までいけたのは、

歯科治療も一役かっていたと思っています。

 

リュウマチに限らず、ほとんどの病気で、

まず、鼻呼吸を心掛けることは、基本です。

 

最近では、歯周病菌が、色々な病気の原因になっていると

言われだしていますが、

口呼吸は、歯周病のリスクファクターです。

 

鼻呼吸から辿り着いたのが、秋山歯科医院さんで、

今回、マウスピース(ポジショナー)を作ってもらいました。

 

 

ポジショナー(マウスピース)

 

顎と体の歪みをリセットするマウスピース「ポジショナー」は、

姿勢の改善、全身のリラックス効果などの健康増進だけでなく、 

顎関節症を含む、全身の不調を改善し、

治療した歯や歯肉の再発も防いでくれます。

特に、噛み合わせの治療(咬合治療)に効果を発揮します。

 

私の場合、旅行先で重たい荷物を持った時に

急に、右顎にクリック音がするようになりました。

クリック音はしばらくして治ったのですが、

歯を食いしばるというか、力が入ってしまい、

右奥歯が深くかみ合っているようで、

すぐに、右首を寝違えてしまい、なかなか首の痛みが

取れません。

 

秋山先生によると、一見綺麗に噛み合わさっているようで

型を取った模型を、内側から見ると

完全に下顎が、ずれているとのことでした。

 

ポジショナーを作るのに、1時間かかります。

姿勢の歪みをチェックしたり、

力の入り具合をみたり、(歯の高さを変えるだけで、腕の支える力が

全く違ってきます)

出来上がったのがこちら。

 

f:id:salonsopia18:20170704154128j:plain

 

これを、本来は寝ているときに装着するのがベストがそうですが、

とりあえず、寝る前5分、10分、1時間位までもっていきます。

 

上の歯に付けます。

ちなみに、歯を削ったりして噛み合わせを調節するのではなく

顎の位置を正しい位置に戻すそうです。

夜つけるのは、1日の筋肉の緊張をリセットするためだそういです。

 

付けてみると、物凄くズレているのがわかります。

さあ、どのような変化があるのか楽しみです。

 

広告を非表示にする