読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

80歳代でも元気で幸福

昨日、友人と、80代の認知症が少し始まった独居の老女のところに、

ケアマネージャーさんとの月1度の手続きがてら、様子伺いに行ってきました。

僅か1ヶ月なのに、あまりに老けて痩せてしまった姿に、愕然としてしまいました。

そちらに伺うと、いつも心を痛めて、帰りは心身共に重くなってしまいます。

息子さんが一人いるのですが、血が繋がっておらず、一切面倒は見ない為、

デイサービスに週3日通うのと、残りの日はヘルパーさんに来てもらう手続きを

今年になってしました。役所の手続きは、血が繋がってないと本当に大変です。

 

80代になっても、健康で幸福感を持って生きられるには、

どうしたらいいのでしょうか?

 

たまたま、ハーバード大学で、1938年から75年間にわたり、幸福に関する

調査を続けているという記事が目につきました。

724人に2年ごとに、人生で何が起きているか調査した結果、わかった事を

4代目リーダーのロバート・ウォールディンガー氏が講演していました。

ミレニアム世代(1980年代~2003年)は、80%が幸福=リッチと思っている

そうです。ところが、実際80歳代を迎えた人達の答えは、、、

 

幸福な人生を送るための重要な3つの教訓

 1 社会的なつながり 孤独は人を殺す毒である。脳機能も低下させる。

 2 友人の質(数ではない) 50代の人間関係が満足か

 3 良い関係は身体だけでなく脳も守る

結論は、良い人間関係が人を健康にも幸福にもするということです。

 

自分が、時間をどう使っているかという意識が、とても大切です。

  良さをかみしめる

  安心感をかみしめる

  満足感をかみしめる

  絆をかみしめる

自分自身が幸せだと感じる!(自分自身は欺けませんから)