お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

桃クラフトビール

馬車道の横浜ビールにクラフトビールを楽しみに行った時、

綱島の桃で作るクラフトビールが大人気で、3日で完売してしまう

と聞いたので、予約をして帰りました。

 

クラフトビールが出来ました!

 

と連絡があり、早速飲みに出かけました。

やはり、2日間ですでに無くなり、3日目に行った私達の分だけ

とっておいてくれていました。

 

f:id:salonsopia18:20190919145552j:plain

クラフトビールです。

一口飲んで、桃の香がパッーと広がりました。

美味しいです!

予約して来たかいがありました。

 

f:id:salonsopia18:20190919145903j:plain

お料理も、前回と違うものを出してくださり感激です。

 

娘夫婦は、6種類あるクラフトビールを、全制覇していました。

私は、2杯目は前回気に入ったラガービールをたのみました。

来れなかった次女の婿には、ここでしか買えないクラフトビール

お土産に。

 

f:id:salonsopia18:20190919150747j:plain

楽しみの1つ、オペラの演奏もありました。

 

齢をとると、楽しみは自分で作っていかないとだめなのよ!

と言った母の言葉がいつも思い出されます。

また、楽しい人参をぶら下げていくことが、

元気でいる秘訣と思います。

歩道橋から落ちで、肋骨にヒビが入った友人も

コルセットをして、桃ビールを楽しみに来ていました。

体操三井島システム関東45周年記念会

先週の木曜日、グランドプリンスホテル高輪で、

三井島体操の関東地区の45周年のパーティーがありました。

1000人以上の元気な人達が集まりました。

 

三井島体操は、九州から発祥して関西に広まり、

関東は遅れること8年(関西は53周年)

それでもしっかり根づいて広まっています。

高齢化社会で、健康への関心が高い今、当然と言えば当然です。

 

f:id:salonsopia18:20190917134019j:plain

 

前半は、鳥羽研二先生と神崎恒一先生による講演会。

鳥羽先生は、私がリュウマチでお世話になっている健康長寿医療センターの

理事長でもあります。

2040年には、超高齢化社会のピークを迎え、

2025年には、後期高齢者の人口が東京都は200万人に達するそうです。

 

フレイル(加齢により心身が老い衰えた状態)は、健常と要介護の中間段階で

要介護になってしまうか、健常を保てるかは、自分自身の努力しかありません。

 

実際65歳以上になると、3人に1人が年1回以上転倒するそうです。

サルコペニア(加齢性筋減弱症)の予防が重要になってきます。

そこで、体操三井島システムの登場になるわけです。

 

PPK(ピンピンコロリ)誰もが望みますが、稀

NNK(ネンネンコロリ)こちらが大半

GSO(頑張ったけれど、そろそろ、おいとまします)目指すはこちら

 

ご挨拶された芸術家の男性が、「棺桶に自分で歩いて入れる体操がある」

と、三井島体操に誘われたと話していました。

やってみたら、大変でしんどいけど、続けていますと。

私だけでなく、みんな大変なんだ!と思いました。

友人もいつも葛藤!と言っていましたが、本当に自分との闘いです。

 

後半は、食事をいただきながら、九州、関西から応援に駆けつけて

くれた指導者の先生方の出し物がありました。

さすが、関西は芸達者です。

ダンスなど平均年齢70歳と言っていました。

 

奨学金でイタリアに10年以上留学していたオペラ歌手の女性が、

くも膜下出血で、一命をとりとめ帰国。左半身麻痺で、

三井島先生の指導を受け、見事に回復し、蝶々夫人のアリアを

歌い上げてくれました。

歌声も素晴らしかったですが、ご自身の経験が歌に深みを加え

聞く人たちを感動させてくれました。

 

私も、娘達には迷惑かけたくない!と常々思っていますので、

気持ちも新たに、また頑張ていこうと思っています。

45周年のパーティーから、良い刺激を沢山もらいました。

夏休み最後の休日

長女夫婦が、夏季休暇を過ごしていたトルコから帰国したので、

娘達と、砧公園で孫を遊ばせました。

私にとっては、家族水入らず!

長女の婿殿は、旅行中の洗濯物があるので、後で来るとの事。

 

f:id:salonsopia18:20190902153456j:plain

 

 カッパドキアの奇岩群を気球から撮影

私は高所恐怖症なので、気球は無理です。写真で充分乗った気分!

 

砧公園の木陰の芝生は、気持ちがいいです。

2歳の孫は、本当に車が好きで、青ブーブーと言いながら

ラジコンカーをずっと追っかけて走り回っていました。

孫を追いかけるこちらは、3人で交代しながらです。

 

夜は、荻窪のお寿司屋さんで、婿殿と合流。

先ずは、生ビールで乾杯!

日本酒3種の飲み比べを2回頼んだので、6種類を味わいました。

カウンター席しかないのですが、アットホームな感じで

久しぶりに、美味しいお刺身と握り鮨を堪能しました。

 

 

炎症数値がやっと正常値範囲に

リュウマチ寛解になってから、リュウマチの受診は3か月に1度になりました。

ところが、今回のように、炎症数値が上がてしまうと、受診日が待たれました。

とは言え、生活習慣を正し、節制して、それが検査結果に反映されるのは、

時間がかかりますから、ジッと我慢!

 

人間は精神的に弱いものです。

リュウマチが発症した時以来のCRPの高値は、リュウマチの再発だ!

と考えてしまい、そうなると、あちこち痛いのですから

病は気からとは、よく言ったものです。

 

寛解になってから、あの痛かった大変だった時を忘れてしまい

結構好き勝手な生活を送っていた。と反省。

主治医から渡されていたリュウマチの生活上の注意点が書かれた

小冊子を読み直し、反省することしきりでした。

 

薬とアルコールの注意点は、特に守らないといけないと思いました。

肝臓系の数値も正常範囲を超えH(高い)がついていたので余計です。

リュウマチの薬は、元々が強い薬なので、

副作用として肝臓の数値が上がらないかも診ています。

 

感染症の時は、2週間くらい薬はやめ、感染症を治す。

イタリアの猛暑38度で熱中症になり、そのあとクーラーが効いた中で

眠ってしまい、汗をかいた為、風邪をひいてしまいました。

イタリアでは、ワインはじめずっと飲むため、リュウマチの薬はストップ。

すでに2週間薬を止めているので、風邪薬と合わせて飲んでいたのも

肝臓系の数値は上がった原因かも。

風邪薬を飲む時は、アルコールは止めよう!

 

それで、この夏は、自宅でのビールは我慢。

お付き合いでは、主治医のいう楽しむ程度に。

それでも、アルコールが弱い人よりは、完全に多く飲んでいるので

楽しむ程度!楽しむ程度!

 

受診日は、その日の検査結果が出ますので

はたしてCRPは下がっているか?

イタリア帰国直後の悪い検査結果を持って、聞くと

CRPは正常の0.02ですよ!」

「肝臓は?」

「大丈夫ですよ!」

 

良かった!

「先生、リュウマチが再発したかと思いました。」

と言うと、

CRPは、感染症ですぐ上がりますから、風邪の時はリュウマチの検査は

しない方がいいのです」と。

「歯のブリッジ入れる為、歯茎を平に整える処置を検査の前日にしたのも

良くなかったのでしょうか?」

「どんなに上手に処置をしても、上がりますよ」と。

 

f:id:salonsopia18:20190827110507j:plain

二重の虹がかかっていました。

 

夜は、地元のお祭りでラーメンのお手伝い。

検査結果良かったので、ビールを飲みながら~

こりないですね~

 

それでも、肝臓系はギリギリ正常範囲だったので

引き続き、節制しないと!

 

 

 

 

 

クラフトビール

お盆休みの真ん中、クラフトビールを楽しむため、

横浜の馬車道まで出かけました。

クラフトビールのブームですが、横浜ビールは、20年の営業だそうです。

f:id:salonsopia18:20190817065029j:plain

大きなビールジョッキがお店の入口に。

1階にビール工場があります。

2階がビアホールです。

f:id:salonsopia18:20190817065408j:plain

壁一面の大きな絵が、異国情緒を醸し出しています。流石横浜!

お客様も外人の夫婦が自然な感じで、クラフトビールを楽しんでいました。

 

クラフトは職人という意味で、地ビールとはまた違い、種類も色々あります。

f:id:salonsopia18:20190817080901j:plain

最初に飲んだ山梨の水を使ってのビールが、爽やかなのどごし。

小麦ビールは、チョット癖がありますが、友人はこちらが好みと言ってました。

ラガービールが1番気に入りました。

ドイツのクラフトビールも、癖がありました。

クラフトビールは鮮度が命といってましたが、1階の工場から直ぐなので、

これ以上の新鮮なビールはないです。

f:id:salonsopia18:20190817081627j:plain

お料理も、どれも産地にこだわった食材を調理して直ぐに出してくれましたので、

本当に美味しかったです。

皆さん召し上がる速度が速いですね!と言われたくらい、即完食。

途中、下の工場を見学させてもらいました。

f:id:salonsopia18:20190817082041j:plain

社員の方達によるオペラのサプライズ!

ピアノとサックスの伴奏で、椿姫の乾杯に始まり、オーソレミオや

誰も寝てはならぬまで熱唱、ビアホール満杯のお客様と一体になり

盛り上がりました。

後で聞いたら、皆さん音大を出ているそうです。

f:id:salonsopia18:20190817082802j:plain

馬車道の夜景。

ほろ酔いで、海風を心地よく感じながら、帰路につきました。

 

灼熱の中のBBQ

お盆休みに、家族でBBQ

荻窪の駅ビルの屋上で、手ぶらでできるとか。

食材は、下のルミネや西友で買えばいいというので

買物をしていざ屋上へ。

 

予約をしたときは、予報が曇りで28度。

これならいいかと思いきや、37度はある炎天下でのBBQ

 

f:id:salonsopia18:20190812130134j:plain

帆立やサザエも焼き、〆は黒毛和牛の焼きそば。

ワイン2本に缶ビール10本を5人であけました。

 

1番元気だったのは孫。

炎天下の屋上を走り回っていました。

大人はバテるので、交替で孫の後を追いかけました。

 

一旦長女夫婦の家に行き、みんなでお昼寝。

爆睡しました!

 

夕方から、荻窪の有名なかき氷を食べに出かけました。

入るのに並んで待つ状態。

 

f:id:salonsopia18:20190812131027j:plain

桃のかき氷

f:id:salonsopia18:20190812131043j:plain

イチゴミルクのかき氷。奥がスイカのかき氷

かき氷が千円の時代になったのですね!

 

汗だくでしたが、みんな、夏らしいことができて、楽しい1日だったと

喜んでいました。

バアバは、若い人達に付き合うのは大変!と思った1日でした。

暑くても食欲だけは衰えず

東京は連日35度の猛暑日が続いています。

梅雨が長く、湿気もリュウマチの身体にこたえました。

炎症数値が、リュウマチ発症以来2番目に高い数値になっています。

こちらは、今月末の検診で、主治医に聞かないと、、、

 

梅雨が明けたら、途端に猛暑です。湿気も相変わらずですし。

強い日差しに当たっても、すぐ具合が悪くなります。

片頭痛の症状だか熱中症だか、、、

 

耳も耳鼻科で2回ほど、空気を抜いてもらいましたが、

どうもスッキリしません。

 

それでも、食欲は衰えてないので、夏バテはしてないのかな?

クーラーのおかげもあります。

昔はもっと食欲が落ちて、好きなパンも、夏はあまり食べたく

なくなっていましたもの。

 

f:id:salonsopia18:20190806135253j:plain

f:id:salonsopia18:20190806135314j:plain

上は、コレド室町のビストロ石川亭のランチです。

コレド室町は、どのお店も待っている人で一杯でした。

ハンバーグはキャベツ入り。

 

f:id:salonsopia18:20190806135751j:plain

こちらは、キラリトギンザのマーサーブランチギンザテラスのランチ

ブリオッシュのフレンチトーストが、お料理に付きます。

 

f:id:salonsopia18:20190806140227j:plain

維新號點心茶房のコース

北京ダック、デザートの桃饅頭も美味しかったです。

 

酵素栄養学を学んだ時、健康の基本は、完全なる消化にあると思いました。

風水でも、食事を楽しくいただけるように、場を整えます。

楽しいと消化力が上がるからです。

オーガニックの身体にいいものを、いくら100回噛んでも、

楽しさが無いと、、

人は心があるから、理論通りにはいかないのです。

 

身体の不調はメンテナンスをしながら、

心と体が喜ぶ美味しいものを、今日も作りましょう!