お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

命の体感時間

歳を重ねるにつけ、子供時代と違って、

年々、月日の経つのが早く感じられるのは、みなさん一緒だと思います。

 

1年が、あっという間に過ぎるとか

子供時代は、月日の過ぎる速度は徒歩、

そのうち自転車の速度で過ぎていき、

車の速度になり、やがて新幹線の速度に、

それでも、地上にいるときはまだよく

飛行機の速度になって、時間が過ぎていく!

 

たまたま「ジャネーの法則」というのを読みました。

フランス人の学者ジャネーが、

主観的に記憶される年月の長さは、

年少者はより長く

年長者はより短く感じるのを、

心理学的手法により説明したのです。

 

時間の心理的長さは、年齢の逆数に比例するというものです。

要は、年齢に反比例するということです。

 

具体的には、60歳の自分にとって、1年の長さは、人生の60分の1であり

6歳の子供にとっては、6分の1に相当する。

10倍の違いに感じるのです。

 

計算式もありましたが、

グラフでみたら

60歳の自分は、人生の87.5パーセント終了していることになります。

驚愕です!

 

孫が生まれ、

自分が出産したのは、30年以上も昔のことなのですから、、、

 

ちょっと、真剣に考えさせられました。

こころの癖

上座部仏教スマナサーラ長老は、最も尊敬している師の1人です。

 

私達が難解だと思っていることも、本当に理解している人に教わると

スーとこころに入って来て、理解できます。

その意味でも、どんなことでも、どの師に教わるかは大切な事と

いつも肝に銘じています。

 

ただ、やはり誰と出会い縁があるのかも、自分自身の成長のレベルに

関わってくるものなので、仏教のいうところの精進は怠ってはいけない

と、これも肝に銘じています。

 

「パティパダー」は、私が毎月楽しみにしている雑誌です。

f:id:salonsopia18:20170827110715j:plain

スマナサーラ長老の「修行者のスランプ~こころは常に揺らぐ~」

は、こころに響くものがありました。

 

やる気を失う

私自身もよくあることです。

ブログ1つとっても、やる気を失って放ったらかしにしておくのですから。

珍しいことではないとのことなので、安心しました。が、

すぐに解決しないと、それがこころの癖になってしまうそうです。

それは、やはり問題です。

 

原因は、忙しいから!

違います。

原因は、自分のこころにあります。

こころの揺らぎが問題なのだそうです。

 

こころは悪いことが好きという性質があり

こころには、すぐ癖がつくそうです。

このことを常に頭に入れ、こころに入れておかなければなりません。

 

それだから、こころの性質を正しく使い

善い行為を繰り返して、こころに善い癖をつくるのです。

 

例えば、「落ち込まないように、今日1日、明るく頑張ってみよう」

と決め、落ち込まないように、こころを明るく保つようにします。

1日頑張ると、次の日は、前の日ほど困難なくできるようになります。

続けると、だんだん性格が変わってきます。

 

こころは、どんな小さなことでも、何か善いことをすると

その瞬間、清々しい、善い気持ちが生まれます。

誰も気づかなくても、自分だけは明らかに知っています。

そこが、又、自分のこころはごまかせない厳しいところなのですが。

 

座右の銘のように、手帳に書き出して

ついつい折れて、自分自身に甘いこころの癖を

少しでも善い方向にいくよう、日々精進です!

リウマチ11

2ヶ月ごとの検診とリュウマトレックスはじめ諸々のお薬をもらう為に

健康長寿センターへ。

 

CRPリュウマチ発症後、最高の0.02にという成績表をもらいました。

主治医も、炎症も起きていないし、いいですね。と。

意気揚々と、病院の帰りに、孫に会いに行きました。

 

夜、最初にリュウマチで痛んだ右手人差し指から甲にかけて

ズキンズキンと痛み、眠れません。

ロキソニン湿布とロキソニン痛み止めを飲んで

朝には痛みは、収まっていました。

 

朝の検査で、炎症なしと言われたので、

リュウマチ再発では、ないと思うのですが、気を付けねば!

油断禁物です!

 

友人に言ったら、赤ちゃん抱くと、手首とかにくるわよ。

手の筋を痛めてるわよ!と。

別の友人は、折角良くなってきた膝が、孫が来て抱いたら

元の木阿弥、又、痛くて歩くのもままならない!と。

 

ドクターは、冷静に、リュウマチかそうでない痛みかを

診ます。すぐリュウマチに結びつけてはいけないと、言われています。

でも、次回、要らなくなっていたロキソニン痛み止めと湿布は

もらっておかないと。

 

NHKの今日の健康で、リュウマチを再放送していました。

巨匠ルノワールリュウマチだったの口切りに始まり、

大規模患者調査をした結果を公表していました。

本当に、リュウマトレックスが使われ出してからの

ここ10年の結果は、画期的と言っていいほど進歩しています。

 

寛解 症状が落ち着き、関節の破壊が進行しない状態

が、だんだん増え、現時点では50%に達していました。

 

対処法としては、

もともと、リュウマチを発症しやすい体質の人(免疫、自己抗体に関わる)は

 喫煙    2倍

 歯周病   2.7倍

に気を付ける。この2点は、自分で対処できるのだから。

 

 

フラダンス

歳をとると、筋肉の衰えから、ドライヤーも持ち上がらなくなり、

筋肉の衰えの対策として、フラダンスが効果的で、

女医さん自ら、フラダンスのインストラクターの資格を取り

患者さん達に指導しているという番組をテレビで見ました。

 

50肩でも、リュウマチでも、ドライヤーは持ち上がらなくなります。

フラダンスがいいとテレビで見て、フラダンスを習いたいな~と

思っていたところ、タイミング良く、友人からお誘いがありました。

地元の集会所を借りて、月1回のレッスンですが、10名ほど集まり

楽しく続けています。

 

やっと、「ブルーハワイ」が仕上がりました。

 

先生を見ながら踊ると、出来た気になるのですが、

家で、さあ踊ってみようと音楽をかけてみたものの、全く踊れません。

驚いて友人に言ったところ、やはり同じ!

復習のため友人と踊り、振り付けを憶えなければ、となりました。

 

振り付けを憶えたところで、目線をつけます。と先生に言われ

フラダンスの奥の深さを感じつつ、なんとか1曲仕上がりました。

 

ちょうど、近くのホテルで、ビッフェを食べながら

フラダンスショーがあるというので、

暑気払いを兼ねて、フラ仲間6人で、出かけました。

 

f:id:salonsopia18:20170820101949p:plain

f:id:salonsopia18:20170820102011p:plain

 

涙そうそう」のフラダンスです。

ハワイでも、日本曲にフラダンスの振りを付けるのが、流行っているそうです。

美人の上、流れるような踊りに、ウットリと見入ってしまいます。

友人は、次回「涙そうそう」を教わりましょう!とビデオで撮影していました。

 

サルサをしている友人に、フラダンスの映像を送ったら、

サルサでも「涙そうそう」を踊るとか。

また、別の所でフラを習っている友人も、2年くらい前から流行っているのよ!

と言っていました。

 

オペラでもなんでも、芸術は、国に関係なく、良いものは良いとみんなが感じ

平和の架け橋になっているのだな~と、つくずくと思いました。

 

 

もの忘れと認知症の違い

最近、もの忘れがひどくなってきて、認知症では?

と少し心配になってきています。

たまたま、もの忘れと認知症の記事を読みましたので、

参考までに載せておきます。

単なる年齢によるもの忘れなのか、

それとも認知症が始まっているのか

チェックしてみて下さい。

 

「もの忘れ」

・ドラマに出ていた俳優の名前を忘れる

・小説の主人公の名前を忘れる

・知人の名前を思い出せないが、ヒントをもらえれば思い出せる

・財布をしまった場所を思い出せない

・買い物に行って卵を買い忘れる

・友人との待ち合わせで、時間や場所を忘れる

・洗濯機に洗剤を入れ忘れる

・手紙に書いた内容を忘れる

・電話で聞いた内容を忘れるが、メモを見れば思い出す

・買い物に自転車で行き、置いた場所を忘れる

・夫婦で旅行に行った年や場所が思い出せない

 

認知症

・ドラマを見たことを忘れる

・小説を読んだことを忘れる

・知人の名前を思い出せず、ヒントをもらっても思い出せない

・財布をしまったことを忘れている

・買い物に行ったことを忘れ、卵を何度も買ってしまう。

・友人と待ち合わせしていることを忘れる

・洗濯機の操作方法を忘れる

・手紙を書いたことを忘れる

・電話で聞いた内容を忘れ、メモを見ても思い出せない

・買い物に自転車で行ったことを忘れて家に帰る

・夫婦で旅行に行ったことを忘れている

 

どうでしょうか?

認知症ではないわと少し安心されたでしょうか?

 

でも、駅まで自転車で行き、電車に乗って出かけて、

帰りに自転車を忘れて歩いて帰ってきたことはあります。

やばいかも。

 

失敗をノートに書いておくと、次は気を付けるのでいいと

いいます。

・2階のトイレの電気をつけっぱなしだった

・和室のクーラーをつけたまま出かけた

・携帯電話を持つのを忘れて出かけてしまった

数えきれないほど、やらかしています。

 

それでも、書いた失敗は、次にチェックするので、

だんだんと、数が減ってくるらしいです。

代わりの、もの忘れもしているので、実際にはなかなか減りませんが。

 

意識するのと、しないのとでは、大きく差が出ますので

意識して生活するように心がけています。

 

実年齢60歳、精神年齢46歳

プルデンシャルジブラルタ生命保険が、

還暦を迎えた男女千人ずつに、アンケートを実施した結果を

公表していました。

 

「自分の精神年齢は何歳と感じているか」

   平均回答 46歳

「自分の肉体年齢は何歳と感じているか」

   平均回答 53.8歳

 

7割が、還暦を迎えた実感がわかず、

8割が、赤いちゃんちゃんこを着ることに抵抗があるとのことでした。

 

自分も、だいたい同じような感覚なので、

現代は、若い世代も、結婚や出産年齢が、昔と比べると

10年くらい遅くなっているぶん、

還暦世代も、10年後ろ倒しになっているのではないでしょうか。

 

今後の不安は、

「身体の能力の低下」がトップで62%

「年金制度の崩壊」が59%

「老後貧困・老後破産」が53%

やはり、半数以上が、老後資金への不安を抱えているようです。

 

娘が、ベビタを連れて里帰りしてきているのですが、

体力年齢の衰えを、まざまざと実感しています。

娘がシャワーを浴びている間、ベビタを見ていると、

いつの間にか私が眠ってしまい、娘に怒られています。

 

母が孫を見てくれた時は、10歳若かったよな~

それでも、リュウマチになった時には、とても孫どころでは

なかったけれど、今こうして、ベビタを抱けるし、

重い買物の荷物も持てるし、イタリアにも行けたし、

医療の進歩、主治医にも感謝だわ~

 

老後の不安は確かにあるけれど、

自分の健康やお金のことで、他人をあてにはできないし、

自分で、創意工夫して、

それなりに楽しく、齢を重ねていきたいなと思っています。

 

何があっても、人々の暮らしは続いていく

還暦世代に限らず、人間ってたくましいものです。

 

 

無痛分娩

去年のイタリア旅行記が書き終わらないうちに、

また、イタリアオペラ旅行に行って来ました。

リュウマチの私には、本当にイタリアは湿気がなくて、

体調も良くなり、身体に合うようです。

帰国してから、会う人に凄く元気と言われます。

 

イタリア旅行中の唯一の気がかりが、娘の逆子でした。

ちょうど旅行の真ん中に当たる日に、外回転術をするとのこと。

場合によっては、その場で帝王切開になることもあるらしく、

そうなると、娘の母親がイタリア旅行中に出産になってしまいます。

ちょっと、気がひけるものの

娘も、出産はどうせ1人でするのだから、イタリア楽しんできて!と

背中を押してくれたので、予定通りイタリアに出発。

 

 

ところが、外回転術をするために、病院に行き、エコーで見たら

頭が下にきていて、逆子ちゃんは自然に治っていた!とメールがきました。

37週で自然に戻るのは、奇跡に近いと言われたそうです。

ちょうど、イタリアでその知らせを聞いた時、女医さんが一緒で、

本当に奇跡に近いよと言われ、大喜びしました。

おかげで、楽しい旅が続行できました。

 

帰国して、仕事はたまっているし、バタバタしているうちに

陣痛が始まったと婿から連絡がきました。

娘の家から5分の所に、東京マザーズクリニックという無痛分娩で

有名なクリニックがあり、そこで、無痛分娩を予定していました。

 

逆子も戻ったので、無痛による自然分娩ができました。

子宮口が開くまでの陣痛が無痛の為、本当に体力が温存できます。

私達親世代の出産は、まだ無痛などなく、選択肢すらなかったです。

胃の内視鏡も、麻酔、鼻、自然と選択肢があるようになり、

本当に信じられないくらい楽に検査が出来た様に、

出産も、これからは、無痛が主流になっていくように思います。

 

出産の瞬間は、至福を味わいましたが、

無痛でも、出産に変わりなく、生命を生み出したという感動で

娘も涙が出たと言っていました。

 

院長先生からも、「いいお産でした。安産でした」と言われ

ホットしました。

婿は、出産にも立合、最後のいきみも、リードしたそうです。

私は、何もすることがなく、待っているだけなのですが、

変に力が入ったのか、背中が筋肉痛になってしまいました。

 

f:id:salonsopia18:20170730112501j:plain

ベビタは、おむすびの様にくるまれていました。

今は、帽子もかぶせられるのですね~

正真正銘おばあちゃんになりました。