読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人様ど真ん中

40代で離婚。子供も結婚し遂に一人暮らしに。今年還暦、リウマチの独女。それでも輝いて生きたい!健康、お金、心の豊かさをバランス良く持ち続けて。

三井島体操合同練習会

三井島体操の関東地区の合同練習会が東京体育館でありました。

まだ三井島体操を始めたばかりなので、初めての体験でした。

f:id:salonsopia18:20170429095155j:plain

色とりどりのレオタードに身を包んだ500名が集い

広い体育館で一緒に体操をします。

 

創始者の三井島先生は、今年になって93歳でお亡くなりになりました。

三井島先生の著書であり体操の教科書にしている「いのち からだ からだ いのち」

から、体育がいかに、命、身体に重要な役割を持つか、体育は健康な身体の維持の

ための実践であるという信念のもと、命、身体を育て守る運動処方の研究に、

情熱を傾け、自ら実践継続されていらしたことが、伝わってきます。

 

三井島先生の弾かれるピアノに合わせ、先生のお声の入ったテープで

体操が始まりました。

腹筋を使い結構ハードで、汗が流れます。

それでも、美しい動きに、感動します。

子供の時から体育は苦手で、どちらかというと嫌いだったのですが、

リュウマチになり60歳を過ぎて、運動の大切さを身をもって感じています。

 

f:id:salonsopia18:20170429113500j:plain

 

帰りは、後楽園ドームホテルの最上階で、お教室の仲間と、

イタリアンランチを楽しみました。

f:id:salonsopia18:20170429112212j:plain

お天気もよかったので、レストランからの眺望も最高でした。

f:id:salonsopia18:20170429113105j:plain

牛の頬肉の赤ワイン煮

トウモロコシのピューレを敷いて

 とろけるようなお肉でした。

体もお腹も心も大満足な1日でした。

銀座SIX

オープンしたての銀座SIXに行ってきました。

みんな新しい物好きで、都内の新規オープンはいつも行列です。

ウイークデーでオープンから暫くたったので、少しはすいたかな

と思ったのですが、考えることは、みんな同じようです。

 

f:id:salonsopia18:20170427134640j:plain

フェンディが、デザイナーが変わり、今最も旬で人気と聞いていたのですが、

なるほど、1階のショーウンドウを飾っていました。

お値段は、ピーカーブーのバックで50万円が普通ですから、ため息です。

お金持ちの中国人が、買うのでしょうか?

f:id:salonsopia18:20170427134619j:plain

店内は、中央が吹き抜けになっています。

f:id:salonsopia18:20170427135618j:plain

地下の食料品売り場が充実しているとのこと。

好奇心旺盛に地下売場に移動しました。

f:id:salonsopia18:20170427135941j:plain

ワインはじめ、お酒が充実しています。

並べ方もオシャレです。

醸し人九平次も、ラインナップが揃っていました。

f:id:salonsopia18:20170427140538j:plain

この奥に行列があったので、どの売場の行列ですかと

聞いたら、遥か向こうのプリンを買うための行列とか。

荻野屋の釜飯も進化していて、重くない紙の釜の容器に

入っているというので、買ってみました。

陶器の方がやはり美味しいに決まっていると思って食べたところ

遜色ないので、企業努力は凄いなと感心しました。

 

人混みで疲れてしまい、三越に行って、休憩しました。

f:id:salonsopia18:20170427141510j:plain

デイビットマイヤーズカフェ

のオシャレなショートケーキです。

本当に甘いお菓子は癒してくれます。

リウマチ9

リュウマチの検診日、病院の桜が綺麗です。

 

f:id:salonsopia18:20170411100444j:plain

 

私は、何でも楽しんでしまうのが、昔から得意です。

仕事も私がしていると楽しそうに見えるらしく、それが楽そうに見える、

代わってやってみたら大変だったと、よく言われました。

 

検診の中にも楽しみを自分で創り出します。

今回は、桜を目当てに、

途中でセブンイレブンのコーヒーを買って、病院に。

渋沢翁も花見を楽しんでいるようです。

 

f:id:salonsopia18:20170411103959j:plain

 

病院内には、渋沢資料館があり、

そこでは飲食も自由です。順番は電光掲示板に出ますので

そろそろ自分の番が近づくと、診察室の前に移動します。

 

今日は、トップバッターに診察室に入った方が1時間近くもかかり

待合室は、患者さんが一杯でした。チョット皆さんイライラモード。

たぶん、リュウマチが最初だと、エコーから、薬の副作用の説明まで含めて

時間がかかるのです。

 

主治医も「お待たせしてすみません」といつも穏やかにおっしゃいます。

「今回も元気に先生にお目にかかれて嬉しいです」と私も感謝を述べます。

血液検査の結果が、L(低い)やH(高い)が付かないパーフェクトには、

なかなかならないのですが、リュウマチ関係の数値はクリアでした。

 

前回CRPが0.07で自分では不本意。医者である婿に聞いたら

誤差範囲とのこと。今回は0.02でしたから、確かに誤差範囲だったようです。

病巣感染(炎症)があると遠くの関節などに炎症を起こしてリュウマチになる。

過剰のIgGやAgGが自己攻撃をすると、最近本で読み、

IgG(免疫グロブリン)が高いと言ったら、主治医に、「むしろ低くならないかを

見ています」と言われました。

リンパ球が低いです。と言ったら、こちらも「元々が低いですよ。リュウマチで

上がっていたのが、元に戻ってきたのです」と。

 

まあ、病巣感染の元といわれる、上咽頭の慢性炎症の治療も、

してみたいとも思いますが、すぐ飛びつく性格なので、すこし考えてからです。

葉酸値が上がり、それを抑えるメトトレキサートの治療が私には合ったわけですし。

メトトレキサート単独の寛解率は2割と低いです。

それでも寝たきりコースだったリュウマチを寛解にまで持ち込んだ薬です。

 

最近は、深い寛解だと、ノーメディスンまでいけるという学会での発表まで

出てきたくらいです。

現時点では、お薬は一生といわれていますが、

次回検診では、しつこく、休薬の話をしてみようかなと思っています。

引越

年をとってからの引越は、死んじゃう!とよく言いますが、

死んじゃうまでいかなくても、血圧が上がって寝込んだ等はよくあることです。

長い年月の間に、荷物が増えてしまっているので、

引越を機会に、荷物を減らすことができるのが、引越の最大のメリットです。

 

次女が、引越にあたり、荷物が入りきらないので、

実家で預かることになりました。

下が、預かった1部です。和室が使えなくなりました。

他にも、押入やクローゼットも一杯です。

f:id:salonsopia18:20170328095128j:plain

結婚して、1年でこの荷物には、驚きです。

私の掃除機が、ショボク見えたのか、ダイソンの掃除機とルンバを

使ってもいいと言ってましたが、リュウマチの私には、

軽い小型の掃除機がいいのです。

空気清浄器は、性能が良く、花粉のシーズンもあって

重宝しています。

 

次女に続いて、長女も引越ました。

長女は、新居の方位が悪く、方災解除はしたものの

新居と実家を行ったり来たりして、

方位が良くなった3月25日に、住民票も移し

正式に引越が完了しました。

 

長女は、本が多く、大型の本箱1つと、クローゼットの中と

部屋の本箱は、本ごとそのまま置いていくとのこと。

実家は、トランクルームになっています。

まあ、私が一人暮らしでも淋しくないようにとの配慮と

よく考えるようにしています。

 

それにしても、あとは全て私の荷物かと思うと、

毎日捨てるようにして、荷物を減らさないと、、、

私の風水の師も、風水鑑定には、トラック2-3台は

連れていきたい!(トラック2-3台分の不用品がある)

と、よくおっしゃいます。

せかっく風水住宅を建てても、維持が難しいのです。

すぐ荷物が増えてしまい、折角の良い気が入ってこなくなります。

 

整理整頓、荷物は減らすは、風水の基本です。

断捨離が流行りましたが、

荷物を減らすと、心のガラクタも一緒に捨てるので

スッキリ気分も爽快になり、運気も上昇します。

頑張って、片付けましょう!

小田原ヒルトンホテル

お一人様仲間と、小田原が東京から見て方位が良くなったので、

ヒルトンホテルを予約して、久しぶりの旅行に出かけました。

新宿の小田急線改札口に集合して、小田急線で行くことにしました。

快速特急だと、パスモでそのまま乗れて880円です。

 

お昼前には小田原に着いて、地元で人気のRYOというお店で

ランチ。幸い2組待ちで直ぐに入れました。

f:id:salonsopia18:20170312195437j:plain

左がまかない丼。右が天丼で、各1090円

夜がビッフェなので、お昼は控えめに。

 

ヒルトンのバスが小田原駅まで、迎えに来てくれます。

桃が満開で、自然界は春の訪れを告げています。

f:id:salonsopia18:20170312200038j:plain

下に見えるのは、結婚式場のチャペルです。

丘の上にあるので、部屋から海を眺める景色は最高です。

 

岩盤浴をして、お腹を減らして夕食のビッフェに。

まずは、生ビールで乾杯!

お寿司は握ってくれますし、天麩羅は揚げたてです。

勿論、ヒルトンのローストビーフにフォアグラのせも美味です。

タイカレーが美味しい、サラダが美味しい、このパンが美味しい、、、

食欲旺盛です。

食後は、温泉につかり、極楽極楽!

部屋に戻って、ワインで乾杯。

就寝は夜中の2時。

 

朝は、温泉に行った友達もいれば、お寝坊の友達も。

朝食後、結婚式に使うロールスロイスの前で写真撮影。

f:id:salonsopia18:20170312202732p:plain

お土産品のセレクトも抜群。

f:id:salonsopia18:20170312202932j:plain

イタリアでしか買えないと思っていた

ローカーのお菓子がありました。

 

2日間、ゆったりと大人の旅を満喫しました。

気象病

「その原因Xにあり」で気象病のことをやっていましたので録画しました。

頭痛、目眩、身体の痛み等の体調の不調が気象に影響されているところがあり

その原因と予防法です。

リウマチも、天気によって痛みが左右されるところが大きいですし、

偏頭痛持ちの私は、梅雨明けの前には激しい頭痛がくるので、梅雨が明けると

すぐわかります。

 

原因は、内耳が敏感に反応することにあるそうです。

お天気の時は、気圧が高く、お天気が悪い時は、気圧が下がります。

気圧が下がると、身体へかかる圧力が下がるため、身体は膨張するので

内耳が気圧の変化を察知し、脳に信号を送ります。

脳は身体に収縮するように全身に指令を出します。

その内耳が敏感だと、信号を過度に送り続けることになり

血管が収縮して頭痛になったりするそうです。

 

予防法としては、内耳の血流を良くすることだそうです。

f:id:salonsopia18:20170305143655j:plain

f:id:salonsopia18:20170305143714j:plain

f:id:salonsopia18:20170305143753j:plain

f:id:salonsopia18:20170305143810j:plain

f:id:salonsopia18:20170305143825j:plain

上の耳マッサージを1日3回、続けることで

予防になるそうです。

 

その時は、簡単にできそう!と思うのですが、

継続してやることが、なんでも大変です。

習慣になるまで、頑張ってやってみます。

睡眠

私が不眠症に陥ってから早5年。

以前は、枕に頭が付いたと同時に眠っていたのに、

まさか眠れない日が来るなどとは、思ってもいませんでした。

 

不眠症睡眠障害)には、4つのパターンがあるそうです。

1 入眠障害ー30分以上たっても寝付けない

2 中途覚醒ー途中で目覚め、そこから寝付けない

3 早期覚醒ー自分が設定した時間より、何時間も早く目覚めてしまう

4 熟眠感欠如ーしっかり睡眠をとった実感がない

 

そして、不眠症になる原因は、2つあるそうそうです。

1 精神的なもの    

   不安、ストレス

2 生活習慣的なもの

   運動ー昼間運動をして体温を上げ、就寝時の体温を下がりやすくする

   食事ー就寝4時間前までに夕食等済ませる

      アルコールも夜中に目が覚めて眠れなくなるので、ほどほどに

   電子機器ーパソコンや携帯電話は、就寝1時間前には見ないようにして

      脳を興奮状態から落ち着かせる

原因を改善して、根本的に不眠症とサヨナラしたいものです。

 

原因は分かっているけど、手っ取り早く睡眠薬でもなんでも眠りたいのが人情。

眠れず、外が白んでくると、本当に慌ててしまいます。

 

睡眠薬の種類として

 ベンゾジアゼビン系ーハルシオンレンドルミンデパス

 非ベンゾジアゼビン系ーマイスター

 メラトニン受容体作動薬ーロゼムン

 オレキシン受容体拮抗薬ーベルソムラ

 

リュウマチの痛みが強かった時は、痛み止めとレンドルミンで寝ていました。

ただ、レンドルミンは、依存性があるので、いきなり止めると眠れなくなると

主治医より言われていました。

半錠、1/4錠と減らしていかないとダメだそうです。

 

最近、ベルソムラを試してみました。

アメリカでは、メジャーに飲まれているそうです。

耐性、依存性も少なく、安心とか。

脳の覚醒ホルモンを抑えるそうです。

飲んでビックリ!朝までグッスリでした。

2-3時間ごとに目覚めてトイレに行っていたのが、トイレにも行かず

朝まで眠れたのは、若い時以来なのでは、、、

 

喉がいがらっぽいので、風邪薬を処方して欲しいと主治医に頼んだところ

「風邪は薬では治りません、うがいと休養です」と言われました。

本当に、朝までグッスリ眠ったら、喉が治っていました。

睡眠は、大事です。

 

週末だけベルソムラを飲むことにしました。

なぜなら、寝過ぎて、慌てて走ってゴミを出しに行って間に合ったので、

普段は無理です。

並行して、きちんと生活習慣の改善をしていこうと思っています。